未熟児養育医療費助成

[概要]

未熟児養育医療費の給付とは身体の発育が未熟なままで生まれ、入院を必要とする赤ちゃんに対して、その治療に必要な医療費を助成するものです。入院して養育を受ける必要があると医師が認めた乳児(満1歳未満)が対象となります。

[支給内容]

指定養育医療機関での入院費のうち医療保険適用後の自己負担額に相当する額を公費で負担します。
ただし、医療費が無料となるものではありません。

[対象者]

尾道市内に住所を有する満1歳未満の乳児で、出生体重が2000グラム以下または、生活力が特に弱く、医師が未熟児として指定医療機関での入院養育が必要であると認めた方(※審査があります)

[申請できる人]

対象となるお子さんの保護者

[申請期日]

随時
※未熟児であることが分かったら早めに申請をしてください。
下記尾道市サイトに、申請に必要なものが掲載されていますのでご覧ください。
お問い合わせ先は、尾道市健康推進課(電話:0848-24-1961)です。

[手続きなど詳しくは]

「未熟児養育医療について(尾道市サイト)」をご覧ください。

未熟児養育医療について(尾道市サイト)

子育て応援情報

「おのはぐ」をシェアしよう
  • つぶやく